blog

デザインで効果が出ない場合の原因(伝えたい事は1つに絞る編)

2022.2.11 #デザイン全般

例えば、チラシのデザインで思ったほど効果が出なかった…

そんな経験は無いでしょうか?

チラシデザインの場合、効果を出すために必要なことが1つあります。

それが何なのかをみていきたいと思います。

 

 

チラシをデザインする際に必要なこと

効果を出すために必要なこと、

それは、チラシ1種類につき「伝えたいことを1つに絞る」というものです。

 

お客様の立場になってみると、

チラシを作る場合には、これだけの作成料金がかかるんだったら、

その料金内で情報を入るだけ盛り込んでしまおう…という考えになるのはよくわかりますし、

実際そういったお客様が多いのも確かです。

 

ですが、残念ながらこれでは効果は薄いかもしれません。

 

チラシに必要な要素2つ

チラシを作る場合、

  1. 1. 誰に
  2. 2. 何を伝えるのか

この2点が必要な要素となってきます。

 

1. 誰に

「誰に」については、

「ターゲット設定」が必要になることを以前記事にしました。

こちらを読んでいただければと思います。

 

 

2. 何を伝えるのか

では、「何を伝えるか」についてですが、

まず、「伝えたいことを1本の大黒柱にする」

という考え方が大切になります。

 

例えば、とあるサービスの案内チラシを作成するとします。

 

「誰に」の部分を意識しながら、

そのサービスと競合サービスの差別化ポイントをメインキャッチコピーに置き、

それをメインテーマにしました。

 

そうすると、そのエビデンスや、そのサービスを利用した人の感想など、

すべては「メインテーマを軸に情報を伝える」ということを最大使命とし、

そのメインテーマから、
ツリー状にした関連する内容を掲載していく、というように作っていきます。

 

例えば、ここにメインテーマとは全く異なる

 

・別のサービスのこと

・掲載するサービスと関係ないイベントのこと

 

など、これらの紹介情報を盛り込んだとします。

 

そうすると何が起こるか、

結果、

「何を伝えるのかがブレてしまう」
ということが起こります。

 

ブレてしまった時点で、
一番伝えたかった事は残念ながらもう伝わりません。

 

「誰に」の部分の「ターゲットを絞る」ことも、とても大切だと以前のブログでお伝えしましたが、

まったく同じように「何を伝えるのかを絞る」ことも大切になってくるのです。

 

伝えたいメインテーマは必ず1つに絞る

情報発信側となった場合には、私たちはどうしても、

「あれも知ってほしい、これも知ってほしい」と詰め込んでしまうのですが、

 

情報の受け手側からすると、

詰め込まれた情報では、何を言いたいかがわからない…となってしまうのです。

 

チラシの役割として

「印象に残す」「覚えてもらう」というものがありますが、

 

全く「印象に残らないために覚えてもらえない」という残念な結果になってしまいます。

 

 

今回チラシと言う媒体でご説明しましたが、これはチラシだけではありません。

 

例えば、ウェブのLP(ランディングページ)などもそうですし、

1ページ(1枚)で完結するようなものは全て当てはまります。

 

私たちは、情報の受け手側に、
どうしても必要以上に期待してしまうものですが、

あなたが思っているほど覚えてはもらえませんし、思い通りにも読んでもらえません。

 

大事なのは、「伝えたいメインテーマは必ず1つに絞ること」

その1つを全身全霊で伝えていく!

これぐらいの気持ちで臨んで、初めて伝わる情報になってくるのだと思います。

 

もちろん、その伝えたいメインテーマを、

デザインでどう表現するのかは、デザイナーの腕の見せ所でもありますし、

誰に、何を伝えるのか、これらがそれぞれ絞られた情報としてあれば、

デザイナーとの共同作業で、効果の出る結果につながるはずです。

 

 

 

編集後記

 

あれもこれも情報を載せたい!
この気持ち、とてもわかるんです。

でも、ここで考えていただきたいのは、

「お客様の視点を忘れていませんか?」ということです。

 

お客様の目線で、情報を再度見直してみるだけで、

変わることも多いです。

顔写真

株式会社イットデザイン
伊藤 亜希

ブランディングデザイナー
デザイナー歴23年。
大阪から兵庫へUターン就職→起業。

【営業時間】平日9:30〜18:00
【休業日】土日祝 年末年始、旧盆期間
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

Service

サービス案内

ブランディング

ウェブデザイン制作

グラフィックデザイン制作

Column Category

コラムのカテゴリー

Archive

月別アーカイブ

Ranking