blog

デザインで、効果が出ない場合の原因を探る(ターゲット設定編)

2022.2.10 #デザイン全般

例えば、広告やウェブサイトなど、
デザインしたものが思ったほどの効果を発揮しなかった…

そんな経験は無いでしょうか?

その原因の一つをご紹介したいと思います。

 

 

ターゲットを設定することが必要

今まで、様々なデザインをさせていただいてきた中で、
効果を発揮しない場合の原因の1つとして挙げられるのは、

「ターゲットが設定されていない」と言うものでした。

 

ターゲットが設定されていないとどんなことが起こるのか?

ターゲットが設定されていない場合に起こること、

それは、そのデザイン物(広告やウェブサイト)を見た相手に、

「自分に向けられているメッセージではない」と感じとられてしまうということです。

 

それはどういうことかと言うと、

・誰にも「自分事」として受け止めてもらえない
・誰にも刺さらない
・誰の目にも止まらない

ということになってしまうのです。

(書いていても、とてもつらいです…)

 

ターゲットは、絞ることが大事

ターゲットは広すぎては意味を成しません。

絞ることが必要になります。

 

「たくさんのお客さんに購入して欲しいからターゲットを絞れない」

「ターゲットを絞ると売れなくなるのでは?」

 

こんな声を今までたくさん聞いてきました。

 

これらは全て心配ご無用です。

 

この考え方は全て逆でして、

「ターゲットを絞るからこそ売れる」のです。

 

売りたいのならターゲットを絞らなければいけません。

 

なぜターゲットを絞ると売れるのか?

誰に届けたい情報かが鮮明になることで、

そのターゲットとしている人にズバリ刺さります。

 

そして、「あ、これは自分に向けて発信しているメッセージだ」

と受け止められます。

 

自分に向けたメッセージだと感じると、

読んでもらえる・見てもらえるようになります

 

だからこそ、興味を持ってもらえることで売れるようになるのです。

 

刺さらなければ、振り向いてももらえない。

とても寂しい結果しか待っていないのです…。

 

ターゲットを絞ってもお客さんが減らないわけは?

ターゲットを絞ってもお客さんが減らないわけは、

「ターゲットのほかに、その周りの人にも刺さりやすくなるため」です。

 

絞っても、ターゲットにだけしか響かない…というワケでは実はないのです。

 

おそらく、ターゲットにだけしか売れなくなるのでは…。

こういった不安があるために、なかなか絞ることができないのではないかと思います。

 

ちなみに、どのようにターゲットを絞るかですが、

こちらの表は例になりますが、この中より選択しながら絞っていくことになります。
参考にしていただけたらと思います。

 

最後に

最後に、デザイナーという立場としてお伝えすると、

ターゲットを絞れていない場合には、

当たり障りないデザインに落ち着いてしまうことが多いように思います。

 

当たり障りないデザインというのは、正直いいますと良くはありません。

 

例えば、

どの世代の方にも受け止めてもらえるデザインを作成してほしい、と依頼があったとします。

 

仕上がったものは、
おそらく、「どの世代の誰にも受け止めてもらえないし、刺さらないデザイン」になってしまった…。

こういった事が実際起きてしまうのです。

どの世代にも受け止めてもらえるデザインとは、そもそも存在しないことが原因だと私は思っています。

 

先ほども述べたように

自分ごととして受け止めてもらえることが一番大事で、

ターゲットを絞ったとしても、ターゲットにだけに響くということではなく、

ターゲットの周辺にも響くことで、

結果的には、ターゲット以外にも自分ごととして受け取ってもらえるようになります。

 

 

デザイナーに依頼し作成したもので、思ったような効果が出なかった場合、

「ターゲット設定が正しくできていたか?」
ぜひ確認してみていただければと思います。

 

 

 

編集後記

 

今週末は3連休ですね。

連休中にしかできないことをやろう!と考えるのですが、

やっぱり、「仕事」をしてそうな気が…。

顔写真

株式会社イットデザイン
伊藤 亜希

ブランディングデザイナー
デザイナー歴23年。
大阪から兵庫へUターン就職→起業。

【営業時間】平日9:30〜18:00
【休業日】土日祝 年末年始、旧盆期間
お問い合わせはフォームからお願いいたします。

Service

サービス案内

ブランディング

ウェブデザイン制作

グラフィックデザイン制作

Column Category

コラムのカテゴリー

Archive

月別アーカイブ

Ranking